Category Archives - ニュース

これから100年の自動車業界に対するトヨタのスタンス

エコカーの多様化
先週、トヨタ自動車の豊田社長の新聞社のインタビュー記事が記載されました。その中でポイントになったのがこれからのトヨタのエコカーの開発体制についてです。もちろん、これまでハイブリッドカーとしては世界のトップランナーを走ってきましたし、水素自動車に関してもMIRAIをい発売することでその存在金を示してきました。

インフィニティになったフーガって?

hfrtu3ht

日産のフーガは、ルノー日産体制になったのと同時に発売された車で、日産時代のセドリック・グロリア兄弟車の後継モデルとして存在する車です。
フーガは2004年に発売された車で、現在のY51型が2代目モデルとなっています。
そのモデルが2015年に2月にマイナーチェンジを受け、若干変更点が与えられました。

第三のエコカーについて考えてみましょう

最近よく耳にする「第3のエコカー」という言葉。
第3のエコカーの定義はないようなのですが、
第1のエコカーをガソリンと電気で動くハイブリッドカー
第2のエコカーをEV(=エレクトリックヴィークル(電気自動車))とするなら

近い未来に夢のタイヤが登場するかも!?

最近は、低燃費タイヤという言葉をよく耳にしますね。
有名なタイヤメーカーであるダンロップやブリヂストンなどが
エコタイヤの開発に力を入れています。
そんな中でとても興味深いニュースが入りました!
なんと「パンクしないタイヤ」がそう遠くない将来に実用化されるかも
というもの。
非空気入りタイヤ「エアフリーコンセプト」。
これは、空気が入ったゴムチューブを用いる従来のタイヤと完全に異なり
特殊形状の樹脂で荷重を支える新発想の製品。
今のような空気入りのタイヤが発明されたのは、1845年のこと。
イギリスのR.W.トムソンが発明しました。
パンクの心配や空気圧の調整が必要ない上に
100%リサイクルできるというまさに夢のようなタイヤなのです。
強度と柔軟性を持つ新素材を使うことで、スポークの形状を見直して
圧力のかかるポイントを分散させ車両重量410キロまで耐えられるそうです。
2020年の実用化を目指しているとの事で
まだ6年以上ありますが、楽しみですね。

消費税アップと車の関係

4月1日に消費税が3%アップし、8%となりましたね。
3月までになんとか車を購入したいと
駆け込み購入が続いていた車業界も落ち着きはじめています。
消費者には厳しいニュースですが
4月1日からガソリンも値上げとなりました。
「消費税増税」と「温暖化対策税」のダブル増税で
ガソリン1リットル当たり、約5円のアップです。
資源エネルギー庁が4月3日日発表した店頭価格はレギュラー164円。
毎日車に乗る人にとっては大きな痛手です。
こういったことをうけて
今後クルマに多くの人が求める機能はやはり「低燃費」
になってくることは間違いありません。
「燃費効率世界一」という称号を勝ち取った「トヨタアクア」。

燃費の良さは軽自動車の中でも随一の「スズキアルトエコ」
セカンドカーのつもりが、燃費があまりによいので
ファーストカーになってしまったユーザーもいるそうです。

外車は燃費が悪いというイメージを払拭したクルマ。
「フォルクスワーゲンup!」など
これからも低燃費で維持費の節約できる車に注目が集まりそうです。