これから100年の自動車業界に対するトヨタのスタンス

エコカーの多様化
先週、トヨタ自動車の豊田社長の新聞社のインタビュー記事が記載されました。その中でポイントになったのがこれからのトヨタのエコカーの開発体制についてです。もちろん、これまでハイブリッドカーとしては世界のトップランナーを走ってきましたし、水素自動車に関してもMIRAIをい発売することでその存在金を示してきました。

ホンダ 新型NSXの噂

b5i34gwg

NSXは、1990年に発売されたスポーツカーであり、2005年までの15年間という長い期間、フルモデルチェンジが行われず、一代で生産中止になりました。開発のコンセプトは、本格的スポーツカーであり、同価格帯であるポルシェ911、フェラーリ328に負けない性能を目指しました。なんといってもオールアルミボディの斬新なデザインは、本格的スポーツカーといえる素晴らしいものでした。

小型トラックもEV化?

つい最近トヨタから水素を燃料とするFCVの量産が始まりましたが、FCVもいいですがそれよりももっと前から量産車として販売されているEVはどうしたのでしょう。

インフィニティになったフーガって?

hfrtu3ht

日産のフーガは、ルノー日産体制になったのと同時に発売された車で、日産時代のセドリック・グロリア兄弟車の後継モデルとして存在する車です。
フーガは2004年に発売された車で、現在のY51型が2代目モデルとなっています。
そのモデルが2015年に2月にマイナーチェンジを受け、若干変更点が与えられました。

第三のエコカーについて考えてみましょう

最近よく耳にする「第3のエコカー」という言葉。
第3のエコカーの定義はないようなのですが、
第1のエコカーをガソリンと電気で動くハイブリッドカー
第2のエコカーをEV(=エレクトリックヴィークル(電気自動車))とするなら

40年以上の歴史、伝統のスポーツカー「日産フェアレディ」

車の性能は「走り」より「エコ」な時代になりました。
スポーツカーは人気が低迷し車種の数も減る一方で、若者の車離れの原因の一因となっています。
そんな今だからこそ、「走りを楽しみたい!」「憧れの車に乗りたい!」
ドライバーがいることも事実。
最近では「トヨタ 86」と、「スバル BRZ」などのが
新車のスポーツカーとして登場して一躍話題になっているのが思い浮かべることができるかもしれません。
他にも既存のラインナップで歴史ある車といえば、フェアレディから定番のロードスターなどなど。
日本車にも魅力的なスポーツカーは意外と多く、現在でも多くのファンを魅了してやみません。
その中でも特に歴史が深いのが「日産フェアレディ」
40年以上の歴史を持つ伝統のスポーツカーで
ファンからの熱い支持を受け続ける一台です。
2シーターボディに、エンジンはV型6気筒の3700ccを搭載。
大柄なボディが特徴でなんといっても上質でパワフル。
スポーツカーらしさあふれる日本車離れした風格が好みの方も多いそう。
伝統あるスポーツカーでありながら、何年たっても色あせない存在感があり、
所有して車を駆る楽しさを存分に与えてくれる
スポーツカーの醍醐味を思う存分に味わえる車ですね。
【現在は価格が高い】
ですが、フェアレディは現在新車はかなり高価で、300万円以上はします。型落ちの中古であれば比較的安価ですが、所有するなら新車のほうがその喜びが違います。
もし現在、フェアレディの購入を検討している方は、Yahoo知恵袋などで「車を売るならどこがいい」と検索窓に入れると、いいヒントが出てくるので、試してみることをおすすめします。あとは検索エンジン等(Yahoo・グーグル)で「車を高く売る」などと入れると愛車を高く売る方法が見つかるかもしれませんよ。

近い未来に夢のタイヤが登場するかも!?

最近は、低燃費タイヤという言葉をよく耳にしますね。
有名なタイヤメーカーであるダンロップやブリヂストンなどが
エコタイヤの開発に力を入れています。
そんな中でとても興味深いニュースが入りました!
なんと「パンクしないタイヤ」がそう遠くない将来に実用化されるかも
というもの。
非空気入りタイヤ「エアフリーコンセプト」。
これは、空気が入ったゴムチューブを用いる従来のタイヤと完全に異なり
特殊形状の樹脂で荷重を支える新発想の製品。
今のような空気入りのタイヤが発明されたのは、1845年のこと。
イギリスのR.W.トムソンが発明しました。
パンクの心配や空気圧の調整が必要ない上に
100%リサイクルできるというまさに夢のようなタイヤなのです。
強度と柔軟性を持つ新素材を使うことで、スポークの形状を見直して
圧力のかかるポイントを分散させ車両重量410キロまで耐えられるそうです。
2020年の実用化を目指しているとの事で
まだ6年以上ありますが、楽しみですね。

価格も魅力もアップ、新型スカイライン

ボディが大きくなり魅力的になった新型スカイライン。
そして価格も449万円以上と、大きく高価になりました。

すでに25ヶ月分に相当する5000台のオーダーがあり
449万円という価格も、BMWの3シリーズやベンツCクラスを考えれば
決して高くないとこれからの人気に期待がかかります。
おすすめは、483万円の『タイプP』。
世界一の安全技術を投入した最新のベンツとBMW3シリーズに
近いくらいの安全性能であると言われています。
停止している車両を感知して急ブレーキ掛ける機能においては
世界一とも言われているようです。

大きいと言われるボディサイズも、全幅は1820mm。
3シリーズの1800mmより少し広いだけですので
ハンドルを握ると案外気にならないレベルです。

2リッター4気筒ターボも追加され
パワフルに走りたいというユーザーの要望にも
しっかりと答えています。
400万円台で安全装備がフルに付いてくる
じつはかなり魅力的な「新型スカイライン」です。

ガリバーからおもしろそうなカタログアプリが出ました

中古買い取り販売で有名なガリバー。
ガリバーから提供されているおもしろいアプリを見つけました。

スマートフォン専用のクルマカタログ無料アプリで
「eraBoon(エラブーン)」。
エラブーンは、クルマのスペック情報や条件で探す従来のスタイルと異なるカタログアプリ。
クルマは欲しいけどどれがいいか分からない人や
クルマの購入を検討し始めた人がウィンドウショッピングのような感覚で
お気に入りのクルマを見つけることができるよう作られています。
今回のアプリでは、文字による情報ではなくて感覚的に操作できるように
国産車、輸入車合わせておよそ300車種のクルマの画像が用意されているとのこと。
直感的な操作かつ「love/remove」といった簡単な区別で情報整理ができて
自分だけのクルマのカタログを作ることができる楽しそうなアプリです。

また、表示されるクルマに「love/remove」の評価をつけることができ
アプリ内の人工知能(AI)が学習し、ユーザーにあったクルマを紹介してくれるそうです!!
なんだか車選びが楽しくなりそうですね。
より多くのクルマに評価をつければつけるほど
より高い精度でオススメのクルマを紹介することができるそうなので
どんどん活用していきたいと思います。

アプリを賢く使って燃費の管理をしよう!

「e燃費」というアプリをご存知ですか?
携帯電話から走行距離と給油量を入力すると
60万人のユーザーとデータを共有し、比較分析してくれて
全国のユーザーと燃費やCO2排出量を比較したり
エンジンオイルなど消耗品の交換時期を自動で管理できるアプリです。

“楽しく節約、楽しくエコロジー”
まさに現代の車社会のニーズにあったアプリです。
e燃費では、全国のユーザーから寄せられる毎月数万回の給油データから
車種別実用燃費データ『e燃費ランキング』や
『リアルタイムガソリン価格』など、これまでにない情報を統計し、発表しています。
また、ガソリン車向けのサービスだけでなくて
電気自動車(EV)用の充電スタンドを検索できる
『EV充電サーチ』アプリなどもありますので活用していですね。

・エンジンオイル交換等のメンテを行うカーライフマネージャ機能。
・燃費入力時に、電話番号にてガソリンスタンドを指定する機能の追加。
・マイガソリンスタンドに近づいた時のお知らせ設定機能。
などが追加されて最近新しくなったようです!
わたしもダウンロードしてみようかと思っています。